吉川和夫ウエブ美術庵の月例新作絵画発表

吉川和夫(キッカワカズオ)は、

動物や植物などに対しては、慈しみの心を持って、生き生きと描写しています。


<< 植物を描く >>









( 12月度の植物画 )

★ 石川県のシンボル花「黒百合の花」を描く ★



( 画用紙 水彩 6号 410x318mm )

<特徴>
多年草。地下にある鱗茎は多数の鱗片からなる。茎は直立して高さ10-50cmになり、3-5輪生する葉が数段にわたってつく。葉は長さ3-10cmになる披針形から長楕円状披針形で、質は厚く表面はつやがあり、基部に葉柄はない。

花期は6-8月。花は鐘状で、茎先に1-数個を斜め下向きにつける。花被片は6個で、長さ25-30mmの楕円形で、暗紫褐色または黒紫色になり、網目模様があり、内面の基部に腺体がある。雄蕊は6個あり、花被片の半分の長さ。花柱は基部から3裂する。花には悪臭があり、英語では「skunk lily(スカンクユリ)」「dirty diaper(汚いオムツ)」「outhouse lily(外便所ユリ)」などの別名がある。

北海道以北の低地に分布する染色体数が3倍体3n=36で、草丈が高く50cmになり、花が3-7個つくのものをエゾクロユリ(基本変種)と、日本の本州、北海道の高山に分布する染色体数が2倍体2n=24で、草丈が10-20cmのものをミヤマクロユリ(変種)と分類する場合がある。

<分布と生育環境>
日本の中部地方以北・北海道、千島列島、ロシア連邦のサハリン州、カムチャツカ半島、ウスリー地方、北アメリカ北西部に分布。高山帯の草地に生える。

本州では、東北地方の月山、飯豊山、中部地方に分布し、分布の西限地は白山で、室堂周辺などに大量に群生しているのが見られる。石川県の「郷土の花」である(「県花」ではない。)。

写真は、黒百合の花です。





※ (トップページに戻る )










( 11月度の植物画 )

★ 富山県のシンボル花「チューリップの花」を描く ★



( 画用紙 水彩 6号 410x318mm )

原産地・生産地
原産地はトルコのアナトリア地方とされ、トルコ国内の宮殿(トプカプ宮殿等)やモスク(ブルーモスク等)に貼られたタイルに描かれている。生産地ではオランダが非常に有名で、各国へ輸出されている。トルコからオランダにチューリップが伝わったのは16世紀頃。日本のホームセンターや園芸品店で販売されている球根は、ほとんどがオランダからの輸入である。
日本では、富山県や新潟県で大規模な栽培が行われている。両県を合わせた球根生産での国内シェアは98%(富山県53%、新潟県45%)である。


写真は、富山県の砺波(となみ)チューリップ公園です。(2017年4月)



富山県で初めてチューリップ栽培を始めたのは、東砺波郡庄下村(現在の砺波市)の水野 豊造(ぶんぞう)さん。 大正7年(1918年)、水野さんは、チューリップ球根10球あまりを取り寄せ、試作をしていました。
これを、切花として販売したところ、当時の日本ではまだ珍しかったことから、高値で売れ、球根も販売したところ、種苗商が高く買い取ったことを契機に、本格的なチューリップ球根の栽培に取り組み始めたといいます。
わずか10球から始まったチューリップ栽培は、その後、水田裏作の有望な特産物として県下全域に波及し、富山県はチューリップの球根出荷量日本一の産地として発展しました。 その成功の背景には、先人の努力とともに、気温、日照時間、肥沃な土地、豊富で良質な水など、富山県のめぐまれた気象と土壌条件があったのです。




※ (トップページに戻る )







( 10月度の植物画 )

★ 新潟県のシンボル花「チューリップの花」を描く ★



( 画用紙 水彩 6号 410x318mm )




( 9月度の植物画 )

★ 神奈川県のシンボル花「山百合の花」を描く ★



( 画用紙 水彩 6号 410x318mm )




( 8月度の植物画 )

★ 東京都のシンボル花「ソメイヨシノの花」を描く ★



( 画用紙 水彩 6号 410x318mm )




( 7月度の植物画 )

★ 千葉県の県花「菜の花」を描く ★



( 画用紙 水彩 6号 410x318mm )



※ (トップページに戻る )







inserted by FC2 system