夢を追い続けて


  今や、八十歳代半ばを過ぎた私は
  浮世のしがらみから抜け出して
  他者の思惑など気にせずに
  ひとり我が道を歩んでいます。

  森羅万象に、好奇心を持ち続け
  その時その時、美に感動したもの
  描きたいものを絵描きし
  命がある限り、美学を探究します。

  美にひれ伏して、勉強を怠らず
  孤独に耐えて、夢を追い続けて
  しなやかに、したたかに、爽やかに
  生きて行きたいと思っています。


(2019年3月10日 国立新美術館にて)





 ☆ 夢 ☆



 私には夢があります
 夢は、時々、変わります
 夢は、夢です。

 私の棲家は、旅にあります。
 流れゆく時間も、人生も
 すべては、心の旅のようなものです。

  私の旅は、流れゆく雲のように、
 終わりは、本当の終わりでなく
 新たな旅の始まりです。

 私の人生は、未来の中にあり、
 夢に向かって、ゆっくりと歩む旅です。
 それは、希望と言う名の旅です。







☆ 夢と希望を持って ☆ 



 人生は心の旅です。
 旅は人生と同じようなものです
 人生は人との出会いと別れの物語です

 私は高齢者なりました
 身体は衰えて来ましたが、心は青春です
 老いが増すにつれて、好奇心が旺盛になりました

 私の旅は生きている限り続きます
 風の吹くままに、足の向くままに旅をします
 そして、気の向くままに、絵を描きます

 これからは、心を空にして、森羅万象に接します
 私の行く末は、まだ、捨てたものではないと信じます
 夢と希望を持って前進あるのみです



  2019/08/15





※ (トップページに戻る )








  ☆ 自問不答心自迷 ☆



 * 人生とは何か

 * 生きる意味とは何か

 * 生きる目的とは何か

 * 神は存在するのか

 * 人間存在とは何か

 * 死とは何か

 * 死ぬとは、いかに生きると言う事なのか

 * 霊魂は、存在するのか

 * 死は不幸なことなのか
   「人間は、必ず、死ぬ」=不幸?

 * 愛とは何か

 * 友情とは何か

 * いったい幸福な生活とは何か

 * 自分は、何のために生きているのか

 * 自分は、何故に国内外の旅をするのか

 * 自分は、何故に美術活動するのか

 * 自分は、いかに生きるべきか







☆ 生きる ☆ 




 いずれ近いうちに、
 老いぼれの私に、
 死は必ず訪れて来ますが、
 自分の人生とは何か、
 死とは何か、
 それをどう考えれば良いか、
 明確に答えることが出来ません。

 万巻の書を読み、万里の道を行き、
 沢山の人生経験をしましたが、
 人生とは何か
 人間とは何か
 いまだ不可解です。

 壮大な話になりますが、
 宇宙は、とてつもなく大きいのです。
 宇宙の大きさや流れを視野に入れたら、
 人間の歴史は極めて短く、
 そして、
 人間の地球世界は、極めて小さいのです。
 一人の人間の存在は、更に小さいし、
 生きている期間は、極めて短いのです。

 此の世は、
 とかく住み難いですが、ひとり一人が
 違った自らの人生を歩んでいると思います。

 人間は、元来、孤独なもので、
 一人で生まれ、独りで死んで行きます。
 厳しさと寂しさを感じても、
 孤独な人生を過ごします。

 好奇心は旺盛ですが、
 残念ながら、
 私の生きている期間は短いのです。

 幸運にも、
 長寿100歳を超えることが出来ても、
 死にたくないです。

 辛い事や悩みは、沢山ありますが、
 兎に角も、
 生きて、生きて、生き抜きたいのです。







(2019年7月10日、北海道・富良野のラベンダー畑にて)






※ (トップページに戻る )






※ わが老心の模様




※ 旅そのものが人生か



※ プロフィール




inserted by FC2 system