☆ 自分は何者か ☆






2016年7月14日、米国ボストン美術館で、ポール・ゴーギャンの作品と三度目の対面をしました。
その作品の題名は「我々は何処から来たのか、我々は何者か、我々は何処へ行くのか」です。







自分は何処から来たのか


ある日の自画像(1)




自分は何者か


ある日の自画像(2)




自分は何処へ行くのか


ある日の自画像(3)










☆ 世界的に有名な画家の自画像 ☆


ポール・ゴーギャン(左)       ヴィンセント・ゴッホ(中)       パブロ・ピカソ(右)




レオナルド・ダ・ヴィンチ(左)       ミケランジェロ(中)       ラファーエロ・サンチ(右)








葛飾北斎の自画像


★ 葛飾北斎の情念を探して ★



 私は、遅蒔きの悠遊浪人ですが、
 画狂人と称した浮世絵師・葛飾北斎のように、
 弐万点を超える絵画を制作してみたいです。
 そして、自分流独特の様式を確立してみたいです。

 私は、平凡な愚者ですが、
 浮世の評判など気にせずに
 放埓老人と言われるほどに
 自由奔放な生活をしてみたいです。
 
 私は「生と死」の狭間を幾度も彷徨しましたが、
 お陰様で、不思議にも奇跡的に生き続けています。
 折角、元気で生かされているのですから、
 残りの人生で、したいことを、してみたいです。


(1996年4月、初めての個展で発表した自画像)






※ (トップページに戻る )






☆ ある日、ふと気が付いて見たら ☆



ある日、ふと気が付いて見たら、
自分自身の個性的存在・アイデンティティが意識の外にありました。
私は、マーケティングにおける利潤追求集団の全人格的労働人間になっていました。 永年勤務・従属していた企業では、 利益最優先の販売組織の一員として、 会社の営業方針に従って、 ノルマ達成に、ひたすら邁進・努力しました。 業績・結果を求められる労働・仕事の苦難と闘いながら、 顧客との接点にある最前線の職場で、上下関係の軋轢を抱えて、忍耐を重ねて猛烈に勤労しました。

定年退職前に再就職の話がありました。
ある関連企業からの営業部長職の 勧誘がありました。 しかし、熟慮の末に、再就職のお話をお断りしました。 定年退職は、私にとって、まさに、待ちに待った祝賀でした。 大学を卒業してから 定年退職までの三十数年間に亘り、 社会のため、家族のため、幾多の苦難や障害物を乗り越えて、 日夜、一生懸命に働いたという満足感がありました。

わが身に「転機/転身」が訪れました。
定年退職によって、営利会社の職場から離れ、企業の損得勘定に束縛される事もなくなりました。 組織内における他者の恣意的眼差しや競争相手の作為的噂話(フェイク)から解放されました。 そして、販売現場の修羅場から脱却する事が出来ました。 理不尽や不条理に遭遇した不快な過去体験部分を忘却の彼方に追いやりました。
そこで、心機一転して「独立自尊の生活」を歩みはじめました。 新しく獲得した自由な時間と今迄にない異世界の空間で、 現住所の社会生活における他者との折り合いをつけながら、 自分の残り少ない人生を楽しむ事にしました。

限りなき探求心を持って、青春時代の自分に回帰しました。
英・独・仏・西などの外国語の習得に努めました。 そこで、旅の必要性は、普遍的なものであると考えていましたので、 自己存在の証明探しのために、敢えて言えば「自分探しの旅」に、 自分の道を探す「求道の旅」を始めました。 長期間、一人で、世界の国々や 日本全国の町々を歴訪する旅に出かけました。

私に美意識が萌芽し、物の見方が変化しました。
大自然の美しさ、人間の美しさ、造形物の美しさ等に対する表現を模索するために、 歴史的文化遺産、大自然の景観など、 人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を 持つものに好奇心を覚えました。
もっぱら、美術・アートに興味と関心を寄せて、 世界各地の美術館や博物館を巡りながら、 独りバックパッカー放浪の旅を重ねました。

時空を超える思考のもと、気の向くままに旅をしました。
足の向くままに、海外諸国放浪の旅や日本列島放浪の旅を楽しみました。 自由気儘な放浪の旅で出会った美しい風景に感動し、それを絵画表現する楽しみを得ました。 そして、航空機、船舶、鉄道列車、移動バス、宿泊所などで、 偶然に出会った見知らぬ人々から、 様々な情報を入手し、時には冗談を交わし、世間話をして、放浪の旅を続けました。 そこで、旅で出会った人々を絵描きして楽しみました。



(青春時代に回帰した自画像)








☆ 自問不答心自迷 ☆



 * 人生とは何か

 * 生きる意味とは何か

 * 生きる目的とは何か

 * 神は存在するのか

 * 人間存在とは何か

 * 死とは何か

 * 死ぬとは、いかに生きると言う事なのか

 * 霊魂は、存在するのか

 * 死は不幸なことなのか
   「人間は、必ず、死ぬ」=不幸?

 * 愛とは何か

 * 友情とは何か

 * いったい幸福な生活とは何か

 * 自分は、何のために生きているのか

 * 自分は、いかに生きるべきか


(平凡な愚者を自認する自画像)






※ (トップページに戻る )






☆ 真理は変化する ☆ 



     昨日の真理は、
     今日の真理とは言えない

     今日の真理は、
     明日になると真理でない事がある







☆ 事実には ☆ 



    事実には、
    それを見た人の解釈がある

    事実には、
    それを聴いた人の解釈がある






☆ 神の存在 ☆




   神を信じる者には、神は存在する

   神を信じない者には、神は存在しない





☆ 幸せ ☆




   幸せは、「自分は幸せだ」と思えば、
   幸せなのである

   不幸は、「自分は不幸だ」と思えば、
   不幸なのである





☆ 人間の善悪 ☆




   性善説によれば、人間の心は、
   本来、生まれながらに善なるものである、と。
   多くの人間観察をしてきた老いぼれの自分には、
   人間の心が、生来、善なるものだと喝破できない。

   性悪説によれば、人間の心は、
   本来、生まれながらに悪なるものである、と。
   多くの人間観察をしてきた老いぼれの自分には、
   人間の心が、生来、悪なるものだと喝破できない。

   二律相反の「善と悪」で、人間の心の本性を
   容易に分析・判断する事は不可能である。
   老いぼれの自分には、人間の心は善悪を超えて
   「弱さ」を発見することが多い此の頃である。






☆ 心技体 ☆




    自分の心は、常に変化する
    他者の心は、想定外にある

    自分の身体は、常に変化する
    他者の身体は、想定外にある

    自分の技能は、常に変化する
    他者の技能は、想定外にある





☆ 夢 ☆



     自分の夢は、時々、変化する
     他者の夢は、全く想像できない

     夢は、夢です
     夢は、儚いものです






※ (トップページに戻る )




☆ 人生は、一回限りです ☆


(二十一世紀を迎えた自画像)



☆ 自分は何者か ☆




 むかし:自分は腕白な小僧だった
 むかし:自分は悪戯な児童だった
 むかし:自分は多感な少年だった

 いまや:自分は悠游蕩児ではない
 いまや:自分は放埓愚者ではない
 いまや:自分は多情浪人ではない

 まさに:自分の心中は複雑である
 まさに:自分は平凡な老人である
 まさに:自分は終活の年齢にある


 自分は何者か、加減に究明中。


(あるがままに生きたい自画像)






☆ 人間は、生きている内が華です ☆


(北米大陸横断旅行後の自画像)



☆ 流転の人生 ☆




   過去があっての自分である
   過去を変えることは出来ない
   過去から逃れる事は出来ない

   過去を省みず、無意識に生きている
   過去の記憶が、徐々に薄くなっている
   過去の自分を、ただ忘れたいだけである

   過去には、苦悩と挫折の自分が存在した
   過去には、悲喜こもごもの出来事があった
   過去には、様々な善悪との出会いがあった


我が人生は、成るようになった。
先のことなど、判からないけど、
これからも、成るようになる ♪♪♪




(海や山を越えて幾千里・・・自画像)




☆ 世知辛い浮き世に生きる ☆


(自由を愛し孤独に耐える自画像)




☆ 美術の修行 ☆



美にひれ伏して二十数年が経つ。
いま尚、求道の旅を続けている。



( 美術を愛好している自画像)









※ (トップページに戻る )





☆ 老化の進行と共に ☆




  わが肉体とわが精神の乖離が進んでいる
  わが肉体の老化が徐々に進んでいる。

  反比例するがごとく、すなわち、年甲斐もなく
  わが精神は、若々しく成熟していく自分を造る。

  わが肉体とわが精神の「老と若」の乖離は、
  年々歳々、広がりを見せている。

  熟慮してみれば、この現象は一時的なものだ
  人間として、元気で生きている時だけのものだ。

   何はともあれ、
    人間は、生きている内が華である。




(永生を考える自画像)





☆ 長寿への道程 ☆




 私は、散策を日常の習慣にしている

 六十歳代は、平均8kmの歩行距離だった
 七十歳代は、平均6kmの歩行距離だった

 歩く速度も落ちて来た
 途中休憩が増えて来た

 登り坂を歩くのが、とても辛くなって来た
 急な下り階段を避けて通るようになった

 八十歳代は、平均5kmの距離になった
 八十六歳を迎えて、平均3.5kmになった

 肉体の老化は、確実に進行し続けている
 日々、徐々に老いぼれて行くのが侘しい

 この加齢の侘しさを払拭したい
 そのために、ジム通いを始めている

 いま、肉体の強化に鋭意努力している
 私は、美しい青春の心身を取り戻したい



(青春の再来を目指す自画像)





☆ 浮世に生きる美学 ☆




いま、自分の身体を適当に自己診断すれば、

今後も、健康第一を心掛ければ、百歳過ぎ迄、

元気で生きてゆけるような自信が湧いています。

そこで ・・・ 私は


 さわやかに、生きてゆきます ♪

 しなやかに、生きてゆきます ♪

 したたかに、生きてゆきます ♪



(木版画/初版の自画像、2019年8月制作)







※ (トップページに戻る )






☆ 八苦老人の素顔写真 ☆


「生と死」を考える

2018年6月19日、東京都三鷹市の太宰治文学サロンにて




「終活準備」を考える

2020年3月12日、運転経歴証明書交付日の肖像写真









※ 雑記帳
旅そのものが人生か







inserted by FC2 system