2008年、慶応義塾三田キャンパスにて




 ☆ 旅そのものが人生か ☆ 



私の海外旅行の期間には、
1~2週間の団体旅行、2~3週間の夫婦旅行、
1~2ヶ月間のグループ旅行、そして、
約3~5ヶ月間に及ぶ一人旅もあります。

私の海外旅行の目的は、美術を学ぶ旅です。
美に対する感性を磨く旅です。
旅先の社会や文化の歴史を学ぶ旅です。
世界の人々と交流する旅です。
自分の人生を考える旅です。
畢竟するに、自分探しの旅です。

美術を探究する旅は、一人旅が最適です。
独り旅は、自由で気儘なものとは言え 孤独に加えて、 緊張と興奮に満ちた旅です。私の一人旅はバックパッカーの旅です。 それほど大きくない容積35リットルのリュックを背負って行きます。 そして、リュックの重量は、大体、6~8kgですが、両肩への加重を軽くするために、 旅行案内書は持参せず、1冊の地図を頼りに歩きます。 パステルペンやスケッチブックを携行します。不足のものは、現地調達します。

なお、身の安全のために、夜間の外出と飲酒を避けています。 宿泊先は、特に定めず行き当りばったりのホテルを利用しています。 そして、訪問先の地域で通じる言語の修得に出来るだけ努めています。

旅のコースは、予め計画し訪問先の情報を手帳に要約メモして置きます。 詳細な旅先情報は、現地の観光案内所や宿泊先で手に入れます。 それから、航空機、列車、バス、船、宿泊先などで知り合った友達などの話にも、 貴重な情報があります。

私が訪れた町の数は、数えきれず、延べ数で凡そ700箇所を超える ものです。 また、200箇所を超えるユネスコ世界遺産を訪問しています。 特に、欧州の主要都市、ロンドン、パリ、ベルリンの街には、幾度も、訪問しています。 欧州には古い栄光の歴史があり、素晴らしい文化遺産があります。 欧州の古城、城塞、寺院、宮殿、邸宅、街路などは、私にとって、楽しくなる絵画の題材です。

又、南北アメリカ大陸、アフリカ大陸、オセアニアには、雄大な自然風景があります。 その自然風景は神秘的で深い感動を覚え、大自然との出会いを絵に描いています。 米国の美術館には、世界の有名絵画が展示されていました。 ニューヨークには、世界から若い芸術家が集まっていました。 そこには、新しい現代美術・モダンアートの流れがありました。 アメリカで、美術の勉強をしたい夢が湧いたほどでした。

アジア諸国には、日本文化のルーツの一端さえも発見する事が出来ます。 そして、”大東亜”各地で働く日本人の活躍ぶりに目を見張ります。 かって、太平洋戦争で大日本帝国がアジア各地を占領していたので、 日本人の私にとって、日本侵略地アジア州の旅は、強い贖罪の旅みたいなものです。

私の旅は、美術の研鑽に主力を置いていますので、 その国の主要な美術館には、 必ず、訪問することにしています。 宮殿や寺院の美術館、有名画家の美術館、 街の美術画廊にも、積極的に足を運んでいます。美術館では、 有名な美術作品を模写することもします。 又、模写に励む画学生との会話も勉強になります。 街では、偶然、無名の画家に出会い美術談義をした事もあります。 欧州の古城で、ニューヨークで活躍中の日本人画家に出会い、 旅での絵描きテクニックについて教えて頂きました。

私は好奇心が旺盛です。私は此れからも旅を続けて、 様々な風景画を描きます。そして、色々な人との出会いと交流を楽しみ、 人間の姿や感情、又、「愛と性」を絵の中で表現する事にも、 意欲的に取り組んで行きたいと思います。 加えて、動植物については、慈しみの心を込めて描くつもりです。


(2008年10月14日、慶應義塾同窓同期会での講演要旨)







※ (トップページに戻る )






   < 日本列島各地への旅行/居住記録 >

  北海道地方 10回旅行
  東北地方  約3年間居住(宮城3年)
  関東地方  約55年間超居住 (神奈川1年、東京54年)
  中部地方  100回超旅行し数えきれない
  近畿地方  約8年間居住(京都1年、兵庫7年)
  中国地方  約20年間居住(島根18年、鳥取2年)
  四国地方  3回旅行
  九州地方  6回旅行
  沖縄地方  5回旅行






     < 海外諸国リピーター旅行記録 >


 11回の訪問国は、アメリカ合衆国。
 10回の訪問国は、ドイツ。
  9回の訪問国は、イギリス、フランス。
  7回の訪問国は、イタリア。
  5回の訪問国は、ヴァチカン、オーストリア、オランダ、カナダ。
  4回の訪問国は、ベルギー、スイス。
  3回の訪問国は、スペイン、スウェーデン、デンマーク、ポーランド、
            フィジー、ロシア、中国。
  2回の訪問国は、韓国、台湾、タイ、ベトナム、トルコ、
            ドバイ、ウズベキスタン、ノルウェー、フィンランド、
            スロバキア、ハンガリー、スロベニア、ギリシャ、
            ルクセンブルグ、リヒテンシュタイン、クロアチア、
            ケニア、南アフリカ、オーストラリア、メキシコ、
            チェコ、モナコ、ボスニア・ヘルツェゴビナなどの諸国







2019年3月10日、東京都町田市にて




※ (トップページに戻る )





※ 夢を追い続けて



※ プロフィール




inserted by FC2 system