☆ 悠遊浪人の新路 ☆

加齢に因り、肉体は老化したと言えども、
 未だに、若き血に炎える青春期を認識する私には、
 今後、どんな新路・事象・未来が待っているのだろうか。



~ 2018年 ~






☆ いまを生きる ☆

( 2018年1月元旦 )




   皆々様の御蔭で、皆々様の御助力があって
   私は、今年、八十五歳の年齢を迎えます。

   今の境遇は、無職無頼の悠遊浪人です。
   肉体は老化していますが、心は青春です。

   年金に頼りながらも、明るく爽やかに生きています。
   やや孤独ですが、しなやかに健やかに生きています。

   まさしく愚者ですが、したたかに逞しく生きています。
   これからも己の表現を探し続けて生き抜くつもりです。






☆ 爽やかに生き続ける ☆ 




   その日は、2018年1月16日だった
   その場所は、町田市民病院の外科病棟だった

   私は、極度の便秘が続いた為に
   障害だった大腸腫瘍の切除手術を受けた
   医師の見立ては、大腸癌とのことだった
   手術方法は、腹腔鏡手術であった
   S状結腸部分を20cm切除して貰った

   医師は、癌腫瘍の進行度ステージⅡだという
   ステージⅡの5年相対生存率は90.0%である
   癌細胞の他臓器への転移は発見できなかった
   その為、抗がん剤服用の必要性はなかった
   お陰様で、便秘は解消し快適な生活に戻った

   しかし、ステージⅡの再発率は12.5% だという
   今後の定期的身体検査は必要になった
   3か月ごとに、採血による検体検査を受ける
   6ヶ月ごとに、CT撮影の検査を受ける
   1年ごとに、内視鏡検査を受ける

   自分の健康管理は、担当医と相談しながら
   自分自身で行うのが基本原則だと断ずる
   治療情報は、新聞やテレビ番組のみならず
   図書館やインターネット検索で、情報を集めている
   友人や知人からの情報も参考にしている

   いま、わが心の旅をし、美術に没頭している
   あと、何年、生き延びるか分からないけれど、
   健康を維持し、日々の生活を楽しみながら、
   しなやかに、爽やかに、生き続けるつもりである。








~○ 小説家・太宰治を偲んで ○~

2018年6月19日、
太宰治の自死70周年の忌日=桜桃忌
( 東京都三鷹市の太宰治文学サロンにて)



2018年6月19日、三鷹市玉川上水で、太宰治の入水場所を見る


2018年6月19日、三鷹市の禅林寺で、太宰治の墓所に詣でる





~~~ ☆ 海外旅行 ☆ ~~~

2018年7月9日
中国の北京市郊外・万里の長城にて







☆ 美術館めぐり参加 ☆ 

( 2018年10月18日 町田市美術協会の企画)

東京都新宿区霞ヶ丘  聖徳記念絵画館


東京都港区元赤坂  国立迎賓館赤坂離宮






※ (トップページに戻る )







~ 2019年 ~




〇 2019汎美展参加 〇

(2019年3月10日 東京六本木の国立新美術館にて)








☆ 老いらくの思惟 ☆ 



    五月の女神マイアが微笑んでいる。

    近くの野山は、新緑で美しい
    自然界に漂う摂理が見えて来る。

    私は社会的には高齢者扱いになったが
    いまや心身共に老人という意識はない。

    ときに若い青年のような情感が溢れ出て来る
    萌える激情を抑える理が脳裏に逍遥している
    旅での感動、美への感性が静逸に蔵している



2019年4月12日=旅券交付日




~~~ ☆ 海外旅行 ☆ ~~~

2019年5月30日
ベトナム国のハロン湾にて






☆ 美術館めぐり参加 ☆ 

( 2019年6月3日 町田国際版画美術館友の会企画)

神奈川県真鶴町  中川一政美術館


静岡県熱海市   MOA美術館








☆ 2019年の暑中見舞い ☆



 暑中お見舞い申しあげます
 その後、如何がお過ごしでしょうか。
 その後も、お元気で御活躍の事と存じます。

 さて、その後の私は、
 すっかり老いぼれになりました。
 省みれば、今日までに幾つもの
 「生と死」の狭間を潜り抜けてきましたが、
 未だに、浮世で元気に
 生きていることを不思議に思っています。

 いま尚、百歳過ぎまで生き抜くつもりで、
 身体を鍛錬しているものの、
 近いうちにお盆を迎えるにあたり、
 わが老体を、適当ではありますが、自分なりに
 診察してみたら、終活について準備すべきと
 決断いたしました。

 そこで、来る令和の正月元旦には、
 賀状を失礼する事にしました。

 これ迄に戴いたご親切とご交誼に
 感謝申し上げると共に
 あなた様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
 本当に有難うございました。      敬具





〇 10回目の北海道旅行 〇

札幌市、旭川市、遠軽地方、紋別市、富良野町など


(2019年7月10日 北海道富良野の富田ハーブガーデンにて)







☆ 美術館めぐり参加 ☆ 

( 2019年10月9日 町田市美術協会企画)

山梨県甲府市  山梨県県立美術館


山梨県甲州市  臨済宗恵林寺庭園


山梨県勝沼町  勝沼ハーブ園







☆ 美術館めぐり参加 ☆ 

( 2019年11月14日 町田市立国際版画美術館友の会企画)

東京都豊島区目白  切手の博物館


東京都豊島区目白  学習院大学史料館


東京都豊島区西池袋  自由学園明日館







※ (トップページに戻る )







~ 2020年 ~






☆ 2020年(令和二年)の年賀状 ☆



 謹賀新年 令和二年元旦を迎えました。
 新しい年を迎え皆々様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。
 本年も宜しくお願い申しあげます。

 さて、私は、今年、八十七歳を迎えます。
 私は老いぼれになりましたが、毎朝、自分が確かに生きている事を
 確認して安堵しております。これも皆様の御蔭で生かされています。
 昨年は、ライフワークの絵描きと大好きな旅行などを楽しみました。

 昨年の美術活動は、東京六本木の国立新美術館、上野公園の東京都
 美術館、町田市立国際版画美術館などの六会場の公募展に出品し
 展示いたしました。今年も、昨年と同様に公募展を主に美術活動する
 計画でおります。

 昨年の海外旅行は、ベトナムの首都ハノイや世界遺産のハロン湾など
 を旅しました。今迄に、世界の独立国を百五十一ヶ国を旅しましたが、
 リピートで旅したことを数にすれば、二百五十七ヶ国を旅しました。
 昨年の国内旅行は、近県地域と北海道に拾回目の旅を楽しみました。
 今年の国内外の旅行は、我が老い耄れ生命と健康の持続次第です。

 終活期の人生は、運を天に任せて、全てが成るように成るです。
 今年も、宜しくご交誼のほどお願い申しあげます。







★~●  コロナ禍のマスク姿  ●~★

​ (2020年3月14日、町田市立国際版画美術館にて)






~ 新型コロナウイルスが、世界中に蔓延する ~



2020年4月7日の新聞記事



新型コロナウイルスのワクチンや特効薬が開発されなければ、 外出制限や休校などの対策を2022年まで断続的に繰り返す必要性があるとのシミュレーション結果を、 米ハーバード大の研究者らが米科学誌サイエンスに発表した。対策を1回限りで解除すると、 すぐに流行の第2波が来て長期化すると予測している。

 研究チームは、通常の風邪の原因となる2種類のウイルスの過去の感染動向を参考に、 季節による流行の仕方や、回復した後に免疫が持続する期間などを推定。 新型コロナウイルスの感染者数が今後5年間、どう変化していくかを予測した。

 その結果、救急医療体制が拡充されず、治療薬やワクチンも使えない状況で、 外出制限など「ソーシャルディスタンス」(社会的距離)を保つ対策を1回で終えてしまうと、 流行はぶり返して長期化することが判明。多くの人が感染し、 集団免疫を獲得する22年まで対策を断続的に続ける必要があると分析している。 冬に感染が広がった場合は、季節性インフルエンザの流行期と重なり、医療体制を一層圧迫しかねない。

 また、いったん制圧できた後も、再燃する恐れがあるため、24年までは監視が必要という。

 現在、国内外で都市封鎖や外出自粛要請などの対策が取られている。 研究チームは、こうした措置は他方で経済や教育に深刻な影響をもたらすとして、 「流行を予測しながら、医療体制の拡充や治療法の特定を進めていくべきだ」と指摘している。




☆ 散策を楽しむ ☆




 私は、散策を日常の習慣にしている

 六十歳代は、平均8kmの歩行距離だった
 七十歳代は、平均6kmの歩行距離だった

 八十歳代前半は、平均5kmの距離になった
 八十歳代後半は、平均3kmの距離になった

 速歩を楽しむが、歩く速度も落ちて来た
 散策を楽しむが、途中休憩が増えて来た

 登り坂を歩くのが、とても辛くなって来た
 急な下り階段を避けて通るようになった

 肉体の老化は、確実に進行し続けている
 日々、徐々に老いぼれて行くのが侘しい

 この加齢の侘しさを払拭したい
 そのために、ジム通いを始めている

 いま、肉体の強化に鋭意努力している
 私は、美しい青春の心身を取り戻したい





◎☆ 東京都町田市の郊外里山を散策する ☆◎
撮影日=2020年7月13日~9月30日






☆ 悠遊浪人は生きている ☆

( 2020年10月13日 現在 ) 



 いま、あの日から、1000日間が経過しました。

 あの日、去る2018年1月16日に、町田市民病院で、
 大腸癌(結腸ガン)を20cm切除手術して貰いました。

 手術の後、3か月ごとに、諸々の身体検査を重ねて、
 担当医の診察を受けていますが、ガンの再発もなく、
 ガンの転移もなく、抗ガン剤を飲むこともありません。

 時々、老いぼれの弱さを実感する事がありますが、
 健康第一を心掛けて、長い老春の旅を続けています。

 お陰様で、美術の世界で、日々、遊楽しております。
 ありがとうございます。






いま、生きている事は素晴らしい ♪




※ (トップページに戻る )





※ 雑記帳
旅そのものが人生か






inserted by FC2 system