吉川和夫ウエブ美術庵の月例新作絵画発表

​ 吉川和夫(キッカワカズオ)は、
世界の国々や日本全国の町々を歴訪する旅をしながら、 感動した様々な風景を絵に描いています。


<< 風景を描く >>




( 7月度の風景画 )

★ 米国マンザナール「日系人強制収容所」を描く ★


( 画用紙 水彩/パステル 6号 330x410mm )


マンザナール強制収容所は、アメリカ合衆国カリフォルニア州インヨー郡にあった、 日系アメリカ人収容所のひとつ。正式名称は「Manzanar War Relocation Center(当時の訳語はマンザナール戦時轉住所)」。 現在はマンザナー国定史跡(Manzanar National Historic Site)として整備・保存されている。

日系アメリカ人が収容された10箇所の収容所の中で最もよく知られている。 北アメリカ大陸において第2位の標高を持つホイットニー山 (マンザナー収容所の敷地からもかろうじて見ることが出来る)を含むシエラネヴァダ山脈の麓、 モハーベ砂漠やデスヴァレーに連なるカリフォルニア州オーエンズヴァレーに位置し、 南はローンパイン、北はインディペンデンスが最寄りの都市。

歴史
マンザナーとはスペイン語で「リンゴ園」を意味する。 日系人の間では満座那という音訳が使用されることもあった。
1942年2月19日にフランクリン・ルーズベルト大統領が発した大統領令9066号によって翌3月に開設された。 マンザナー収容所は最大時には10,046名を収容し、収容された総数は合計で11,070名となった。 1942年12月6日に収容者の暴動が発生し、歩哨は2名の収容者を銃撃した。 1943年2月に成立したレジストレーション法は、宣誓を行わない収容者をツールレイク強制収容所へ転送することを要求した。 このために生じた混乱の後、収容者たちは収容所の環境を自分たちで改善し始めた。
大戦末期には収容所駐留軍は縮小された。また、多くの収容者が散策を許可され、狩りや魚釣りも許可された。 日本敗戦後の1945年11月に閉鎖されたが、収容者の大部分は財産を失い帰る家もなかったため、同所への在留を希望した。 収容所では延べ135名が死亡し、そのうち15名が同所に埋葬され、残りは故郷の墓地に埋葬された。


< 写真 >

私は、2003年5月31日、マンザナール収容所跡を訪れました。




マンザナール収容所跡地近くの風景です。




次の写真は、マンザナール収容所資料より抜粋











※ (トップページに戻る )







( 6月度の風景画 )

★ 町田市の「薬師池公園」を描く ★


( 画用紙 水彩/パステル 6号 330x410mm )



( 画用紙 水彩/パステル 6号 330x410mm )



( キャンバス 油彩 6号 330x410mm )



薬師池(薬師池公園)は、
1982年に「新東京百景」、1998年には「東京都指定名勝」に指定されています。
さらに、2007年に「日本の歴史公園100選」に選定された町田市を代表する公園です。 園内中心部には池があり、梅、椿、桜、花しょうぶ、大賀ハス、新緑・紅葉等、四季折々の彩が訪れる人々を楽しませてくれます。 園内には萬葉集に詠まれている70種の草花のほか260種の山野草が植栽されておりそれらをまじかに楽しめる「萬葉草花苑」や 野津田薬師といわれ薬師如来様が祀られ長く親しまれる薬師堂があります。 江戸時代の古民家2棟(旧永井家住宅と旧荻野家住宅)が移築されており、 町田市フォトサロンでは展示室において多彩なミュージアム活動が展開されています。 また、園内には市制施行40周年記念モニュメント「自由民権の像」も建立されています。


























※ (トップページに戻る )







inserted by FC2 system