吉川和夫は、公募展へ出品展示しています

自画像(2003年)




※ (トップページに戻る )







東京・六本木の国立新美術館      東京・上野の東京都美術館      東京都・町田市立国際版画美術館





2019年3月開催、東京・六本木、国立新美術館「汎美展」の風景


私の出品作品 01=水彩画、「スペイン放浪記」 40号 F


私の出品作品 02=水彩画、「我々は、何処へ行くのか」 40号 F






2019年2月開催、東京・町田市、町田国際版画美術館「町田市民美術展」の風景






2018年3月開催、東京・六本木、国立新美術館「汎美展」の風景






2017年10月開催、東京・上野、東京都美術館「汎美秋季展」の風景






2017年3月開催、東京・六本木、国立新美術館「汎美展」の風景






2016年10月開催、東京・上野、東京都美術館「汎美秋季展」の風景








2016年3月開催、東京・六本木、国立新美術館「汎美展」の風景







2015年10月開催、東京・上野、東京都美術館「汎美秋季展」の風景

私の出品作品、油彩「十二支」60号






1996年、初めての個展(東京・渋谷の東邦生命ビルにて)








※ (トップページに戻る )







2018年10月19日、町田市美術協会親睦旅行参加、東京都「聖徳記念絵画館」にて



2017年10月26日、町田市美術協会親睦旅行参加、静岡県「クレマチスの丘」にて






※ (トップページに戻る )






☆ 余談 ☆





 今や、高齢者になった私は、
 浮世のしがらみから抜け出して
 他者の思惑など気にせずに、
 しなやかに、したたかに、
 生きて行きたいと思います。

 そして、人生の意味を思索し
 日々の勉強を怠らず、
 孤独に耐えて、夢を追い続けて、
 意義ある人生を送り、爽やかに、
 我が道を歩む積もりでいます。






私は、そもそも、不器用な愚か者です。それだけに、
事を処するに当たり、人一倍の精進が必要だと思っています。


(2019年3月10日、東京・六本木の国立新美術館にて)






 壮大な話になりますが、
 宇宙は、とてつもなく大きいのです。
 宇宙の大きさや流れを視野に入れたら、
 人間の歴史は極めて短く、
 そして、
 人間の地球世界は、極めて小さいのです。
 一人の人間の存在は、更に小さいし、
 生きている期間は、極めて短いのです。

 いずれ近いうちに、
 老いぼれの私に、
 死は必ず訪れて来ますが、
 自分の人生とは何か、
 死とは何か、
 それをどう考えれば良いか、
 明確に答えることが出来ません。
 万巻の書を読み、万里の道を行き、
 沢山の人生経験をしましたが、
 人生とは何か
 人間とは何か
 いまだ不可解です。

 好奇心は旺盛ですが、
 残念ながら、
 私の生きている期間は短いのです。
 幸運にも、
 長寿100歳を超えることが出来ても、
 死にたくないです。
 辛い事や悩みは、沢山ありますが、
 兎に角も、
 生きて生きて、生き抜きたいのです。








※ (トップページに戻る )





※ 画家・堀文子氏の言葉










inserted by FC2 system