吉川和夫の月例美術展

<< 風景を描く >>




( 6月度の風景画 )

★ 愛知県の名勝地・竹島を描く ★



( 水彩/パステル  画用紙  6号 330x318mm )

竹島(たけしま)は、愛知県蒲郡市の三河湾に浮かぶ小島の無人島。三河湾国定公園の中核。

概要
標高22 m、周囲約680 m、面積約1.9 ha。基盤は花崗岩質である。対岸とは約400 m離れており、竹島橋によって、結ばれている。
干潮時に陸と地続きになるいわゆるタイダル・アイランドである。東海地方では他に西尾市の前島がある。
もともと竹島への橋はなく、12年に一度の御開帳の時だけ木橋が臨時に渡されていたが、滝信四郎の私費で1932年(昭和7年)に完成し蒲郡町に寄付した。1986年(昭和61年)に新しく長さ387メートルの竹島橋が架けられた。竹島橋は2022年に蒲郡市の景観重要建造物に指定された[1]。
橋のたもとには大正 - 昭和初期に文人達が多く利用した料理旅館「常磐館」(滝信四郎創業)があり、菊池寛の「火華」をはじめ多くの作品に残されている。
現在、跡地には「海辺の文学記念館」があり、その足跡を残している。
また、現在「蒲郡クラシックホテル」として営業する旧蒲郡ホテルの建物は、城郭風の外観にアールデコ様式の内装と独特の建築であり、春には「つつじまつり」が開かれ、ツツジを前面に竹島を望める。

写真は、竹島の全景です。







★ 豊川稲荷神社の狐像を描く ★



( 水彩/パステル 画用紙 6号 330x318mm )

豊川稲荷(とよかわいなり)は、愛知県豊川市豊川町にある曹洞宗の寺院。

概要
正式の寺号は妙厳寺(みょうごんじ)。詳しくは「円福山 豊川閣 妙厳寺」と称する寺院である。 境内に祀られる秘仏「豊川吒枳尼真天(だきにしんてん)」の稲穂を担いだ姿などから、一般には「豊川稲荷」の名で呼ばれるようになった。
商売繁盛などを願う参拝客ら年間約500万人が訪れる。
また、日本三大稲荷の1つとされる。
豊川稲荷は神社ではないものの、境内の参道には鳥居が立っている。
北海道・東京都・神奈川県・大阪府・福岡県に、別院を持つほか、修行道場として僧堂を設置している。豊川高等学校を運営。

写真は、豊川稲荷神社の神秘的な霊狐塚です。








※ (トップページに戻る )









( 5月度の風景画 )

★ 日本一の富士山を描く ★



( 油彩 キャンバス 6号 330x318mm )

富士山は、山梨県(富士吉田市、南都留郡鳴沢村)と、静岡県(富士宮市、富士市、裾野市、御殿場市、駿東郡小山町)に跨る活火山である。標高3776.12 m、日本最高峰(剣ヶ峰)の独立峰で、その優美な風貌は日本国外でも日本の象徴として広く知られている。
数多くの芸術作品の題材とされ芸術面のみならず、気候や地層など地質学的にも社会に大きな影響を与えている。懸垂曲線の山容を有した玄武岩質成層火山で構成され、その山体は駿河湾の海岸まで及ぶ。

古来霊峰とされ、特に山頂部は浅間大神が鎮座するとされたため、神聖視された。噴火を沈静化するため律令国家により浅間神社が祭祀され、浅間信仰が確立された。また、富士山修験道の開祖とされる富士上人により修験道の霊場としても認識されるようになり、登拝が行われるようになった。
これら富士信仰は時代により多様化し、村山修験や富士講といった一派を形成するに至る。現在、富士山麓周辺には観光名所が多くある他、夏季シーズンには富士登山が盛んである。

日本三名山(三霊山)、日本百名山、日本の地質百選に選定されている。また、1936年(昭和11年)には富士箱根伊豆国立公園に指定されている。その後、1952年(昭和27年)に特別名勝、2011年(平成23年)に史跡、さらに2013年(平成25年)6月22日には関連する文化財群とともに「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の名で世界文化遺産に登録された。

写真は、富士山






★ 霊峰富士を仰ぐ「三保の松原」を描く ★



( 水彩/パステル 画用紙 6号 330x318mm )

静岡市清水区の三保半島東岸に広がる三保松原は、万葉の昔から知られた景勝地です。霊峰富士を仰ぎ、緑の松林と打ち寄せる白波、海の青さが織り成す風景は、まるで一幅の絵画のように美しく、2013年には、世界遺産「富士山一信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産のひとつとして登録されています。

この三保松原には、羽衣伝説~天女が水浴びをしようと松の枝にかけておいた羽衣を、漁師が見つけて持ち帰ろうとし、困った天女は返してもらう代わりに天女の舞を披露した~で知られる「羽衣の松」があり、現在は代替りにより3代目となっています。 また、近くには「みほしるべ(静岡市三保松原文化創造センター)」があり、三保の歴史や文化、信仰についても学ぶことができます。

写真は、霊峰富士を仰ぐ「三保の松原」






※ (トップページに戻る )









( 4月度の風景画 )

★ 岐阜県白川郷の「合掌造り」を描く ★




( 水彩/パステル 画用紙 6号 330x318mm )

白川郷(しらかわごう)は、岐阜県内の庄川流域の呼称である。
大野郡白川村と高山市荘川町(旧荘川村)および高山市清見町(旧清見村)の一部に相当し、白川村を「下白川郷」、他を「上白川郷」と呼ぶ。今日では白川村のみを指すことが多い。

白川郷の荻町地区は合掌造りの集落で知られる。独特の景観をなす集落が評価され、1976年重要伝統的建造物群保存地区として選定、1995年には五箇山(相倉地区、菅沼地区)と共に白川郷・五箇山の合掌造り集落として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。

白川郷の荻町地区は、今も実生活の場として使われているところに価値があり、それが他地域の合掌民家集落と違うところである。「世界遺産白川郷合掌造り保存財団」などがその保存にあたっている。毎年1月と2月頃の週末には夜間ライトアップが行われる。なお、2019年からライトアップ見学は完全予約制となった。

写真は、白川郷の合掌造りの集落










★ 岐阜県八百津町の「人道の丘公園」を描く ★



( 水彩/パステル 画用紙 6号 330x318mm )

八百津町出身の元外交官杉原千畝氏(1900~1986)が、第二次世界大戦の最中混乱と激動の欧州リトアニアの地において、自らの危険と困難を顧みず下した人間愛に満ちた勇気ある決断に対し、その功績を称え、後世に伝えるため記念公園として人道の丘公園を建設しました。

 公園は、同氏の生前の望郷の念から八百津の街が一望できる丸山ダムのほとり緑豊かな高台に位置しています。近隣にはめい想の森、丸山ダム、旧八百津発電所資料館等もあり四季を通して多くの観光客で賑わい、周辺は新丸山ダム建設事業により大きく変貌しようとしています。



写真は、人道の丘公園です









※ (トップページに戻る )









( 3月度の風景画 )

★ 上田城本丸の「東虎口櫓門」を描く ★



( 水彩/パステル 画用紙 6号 330x318mm )

上田城は真田昌幸によって築かれた城で、二度にわたって徳川軍を撃退した「上田合戦」が行われたことで有名な城です。「関ケ原の戦い」で真田昌幸、信繁が属した西軍が負けたため、上田城は徳川家康によって徹底的に破却され堀も埋められましたが、上田藩主として入城した仙石氏によって再建されました。櫓や石垣が当時の遺構として残っています。

現在は旧二の丸内が上田城跡公園として整備されており、櫓門や塀などが木造復元されています。また、アニメ映画『サマーウォーズ』では舞台となる家の門が上田城の城門をモデルに描かれています。



写真は、上田城の雄姿







★ 長野県上高地の「梓川に架かる河童橋」を描く ★


( 水彩/パステル 画用紙 6号 330x318mm )

上高地のシンボルともいえる河童橋。人工物でありながら、その姿は大自然と融合し上高地に欠かせない風格のある存在となっています。橋の上からは雄々しくそびえる穂高連峰や岳沢、清冽なる梓川の流れ、陽光に煌めき揺れる川辺のケショウヤナギやカラマツ、そして振りかえれば時折噴煙たなびく焼岳が展望できる絶好のビューポイントとなっています。

4月27日の開山祭から5月の連休にかけて、あるいは7月中旬からの夏休み期間、そして10月上旬あたりからの紅葉の時期など、最盛期ともなれば河童橋周辺は〝上高地銀座〟と呼ばれるほど多くの観光客で賑わいます。

<追記>
梓川(あずさがわ)は、長野県松本市を流れる信濃川水系犀川の上流域を示す別称。
長野県松本市の北西に位置する飛騨山脈(北アルプス)槍ヶ岳に源を発し南流する。
上高地で大正池を形成し、梓湖(奈川渡ダム)に注ぐ。
島々で東に向きを変え、新淵橋を過ぎてまもなくから下流には右岸の波田と左岸の梓に河岸段丘をつくっている。
松本市大字島内で奈良井川を合わせ犀川と名を変える。奈良井川との合流点手前のラーラ松本付近では、奈良井川で取水した拾ヶ堰と勘左衛門堰が地下を横断する。

写真は、梓川に架かる河童橋







※ (トップページに戻る )









( 2月度の風景画 )

★ 日本一の渓谷美「御岳昇仙峡」を描く ★


( 水彩/パステル 画用紙 6号 330x318mm )

御岳昇仙峡は甲府市の北部に位置する渓谷です。国の特別名勝にも指定されており、 「日本一の渓谷美」といわれています。長い歳月をかけて削り取られた花崗岩の断崖や 奇岩・奇石と清澄で豊富な水の流れをみることができ、渓谷沿いに整備された遊歩道では、 四季折々で変化に富んだ渓谷美を間近で楽しめます。

写真は、秋の御岳昇仙峡






★ 日本一の美しさ「富士山」を描く ★



( 油彩 キャンバス 10号 550x455mm )

富士山(ふじさん、(英語: Mount Fuji)は、山梨県(富士吉田市、南都留郡鳴沢村)と、静岡県(富士宮市、富士市、裾野市、御殿場市、駿東郡小山町)に跨る活火山である[注釈 3]。標高3776.12 メートル、日本最高峰(剣ヶ峰)の独立峰で、その優美な風貌は日本国外でも日本の象徴として広く知られている。数多くの芸術作品の題材とされ芸術面のみならず、気候や地層など地質学的にも社会に大きな影響を与えている。懸垂曲線の山容を有した玄武岩質成層火山で構成され、その山体は駿河湾の海岸まで及ぶ。

古来霊峰とされ、特に山頂部は浅間大神が鎮座するとされたため、神聖視された。噴火を沈静化するため律令国家により浅間神社が祭祀され、浅間信仰が確立された。また、富士山修験道の開祖とされる富士上人により修験道の霊場としても認識されるようになり、登拝が行われるようになった。これら富士信仰は時代により多様化し、村山修験や富士講といった一派を形成するに至る。現在、富士山麓周辺には観光名所が多くある他、夏季シーズンには富士登山が盛んである。

日本三名山(三霊山)、日本百名山、日本の地質百選に選定されている。また、1936年(昭和11年)には富士箱根伊豆国立公園に指定されている。その後、1952年(昭和27年)に特別名勝、2011年(平成23年)に史跡、さらに2013年(平成25年)6月22日には関連する文化財群とともに「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の名で世界文化遺産に登録された。

写真は、山中湖から眺めた富士山









※ (トップページに戻る )








05月度  静岡県の風景~「富士山」、「三保の松原」を描く

04月度  岐阜県の風景~「白川郷」、「人道の丘公園」を描く

03月度  長野県の風景~「上高地」、「上田城」を描く

02月度  山梨県の風景~「富士山」、「昇仙峡」を描く

01月度  福井県の風景~「東尋坊」、「鯖江めがね会館」を描く



     ↑ 2022年の発表 ↑

     ↓ 2021年の発表 ↓





12月度  石川県の風景~「武家屋敷」、「北前船主邸」を描く

11月度  富山県の風景~「五箇山集落」、「高岡大仏」を描く

10月度  新潟県の風景~「親不知海岸」、「トキの森公園」を描く

09月度  神奈川県の風景~「湘南海岸」、「箱根芦ノ湖」を描く

08月度  東京都の風景~「東京駅の駅舎」、「江戸城の櫓」を描く

07月度  千葉県の風景~「犬吠埼」、「鋸山」を描く

06月度  埼玉県の風景~「川越の街路」、「長瀞渓谷」を描く

05月度  群馬県の風景~「尾瀬の湿原」、「妙義山」を描く

04月度  栃木県の風景~「日光の三猿」、「華厳の滝」を描く

03月度  茨城県の風景~「筑波山」、「袋田の滝」を描く

02月度  福島県の風景~「鶴ヶ城」、「飯盛山」を描く

01月度  山形県の風景~「山居倉庫」、「最上川」を描く



     ↑ 2021年の発表 ↑

     ↓ 2020年の発表 ↓





12月度  秋田県の風景~「角館の武家屋敷」、「田沢湖」を描く


11月度  宮城県の風景~「松島海岸」、「仙台市街路樹」を描く


10月度  岩手県の風景~「中尊寺」、「三陸海岸」を描く


09月度  青森県の風景~「三内丸山遺跡」、「大間埼」を描く


08月度  北海道の風景~「知床半島」、「羊蹄山」を描く






inserted by FC2 system